自分が過去2年間身に付けなかった衣服と
母の形見の品々や十冊以上あろう家計簿帳や日記帳を
片付け、今日その衣服類を処分してまいりました。
Read more
001_20170312082442654.jpg 002_2017031208244475c.jpg
第2日曜は燃えるごみの持ち込み可能日で
約20㎏処分しました。 320円ほどかかり組合に加入していない
町外者はそれ以上の負担かかるらしいです。

左が父親の使ってたタンス右が嫁入り道具として持ってきたであろうタンス

父のタンスの上にはお仏壇なので写しません。
父のタンスに自分の着衣を閉まっていたけど、ホームセンターで
売っている半透明ブラの3段衣装ケースに移し替えたので
今はカラッポの状態です。
小さい引き出しや戸棚には線香やろうそくで溢れかえっていので
線香1箱ろうそく1箱のみ残し廃棄としました。

戸棚の整理しているとご祝儀袋が出てきて、
「これもゴミだわ」って指定袋に投げ入れた。

母のタンスは戸棚にランケーブルと延長コード、PSvitaの空箱
以外は空っぽの状態です。
この戸棚に家計簿帳やら日記帳そして古いアルバムとか
ギッシリ詰まってたので段ボールに入れ封印です。

あーそうそうこの戸棚から巾着袋ふたつが見つかり中身を観てみると
大量の5円玉300円と掛かれた紙
もうひとつの巾着袋には10円玉400円と書かれた紙が、母親が小銭を貯めてたんでしょうね。
一旦はゴミとして投げ入れた祝儀袋、中身覗いてみたら5000円札一枚
1000円札一枚入っておりました。
危うく捨ててしまうところでした
断捨離で7000円でてきたわけです(笑)

母の物と自分の小中の成績簿とアルバムが段ボール1箱になったわけです。

母の他界後に普段とお洒落着なんかは一度処分し
形見として残しておこうとした着物類や喪服も
処分することにしたわけです。
処分にあたり仏壇の母にことわりを得て土嚢袋に詰め込みしました。

自分衣類と母の衣類合わせて土嚢袋4つになり
意外と多かったなと気づいたわけなんです。

世間ではミニマリスト(物を持たない生活)をする人が増えてきている
ようですね。
自分はそのミニマリストとは別の意味での断捨離しているつもりです。
両親他界後のまだ40代の時は、いずれ使うかもしれない物まで
残し、両親の遺品に関しては思い出として一部保存していたわけです。

他界後から今年で5年を迎えます。
その5年間で実際手に触れずにいた物は多々あります。

あれから5年自分も年を取りました。50代半ばになろうとしてます。
考え方も変わってきます。
自分の将来没するときまでこの状態を維持できないし
自分の始末を誰がするのか
そう考えると不要な物は断捨離し少しでも処理の負担をなくしたほうが
良い結論になった次第です。

まだ身内も健在でおひとりさまを貫いている30代とか40代の方は
いずれ両親は他界するでしょう。
今は考えなくとも数年或いは数十年後にはその時はきます。必ずきます。


今回の断捨離で処分した物をザックリ挙げてみました。
クルマ2台(過去)、テレビ、掃除機、ガス炊飯器、デジカメ、ヘッドセット(PS3用)、ポケットwi-fi、ヘルスメーター
血圧計、ゲームソフト全て、モデルガン&エアガン3丁、ルアーロッド、カーアクセサリー
これらはリサイクル店、掲示板で実際売れた物となります。

掲示板に出品しているけどまだ買い手がつかない物は
10点以上になります。
もちろんタンス類も処分するつもりです。
まだまだ出品する物は沢山ある・・・ありすぎる。
ゲーム本体も売ろうとしましたけど躊躇しました。
モニターという余計な物買ってしまいましたから。

でもこれからはほんとうに自分必要か判断しから決めようと
思います。

物を持つ生活から物を減らす生活にしていこう。
Close

スポンサードリンク

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ