政府与党はまた可笑しな税金作ろうとしてるな
ほんとどんだけ国民を苦しめるつもりなんでしょうね。

クルマに関わる新たな税金を課そうとしてるらしいね
走った走行距離に応じて税金を課するって
頭おかしいんじゃねーの政府の頭でっかちの禿げ散らかしは。

テレビは我が家にはないけど
自動車関連企業に勤めてるから職場でも
話題になってて知らずとも耳に入ってくるんだよね。

走行距離
EV車ハイブリット車コンパクトカーが普及してきて
燃費が向上してきたりガソリンを必要としなくなったり
共同で車を使用するカーシェアリングも増えてきてて
ガソリン税自動車税の減収やらで阿保政府考えて
走行距離に応じた課税を検討してるらしとか 
政府の取れるとこから税金を取るっていうクソ考えが
気に入らんね。

『若者の車離れなどで自動車の保有者が減少する中
与党税制調査会は排気量に応じて課税している
自動車税の新たな基準づくり』

いやいやそもそも若者のクルマ離れを加速させたのは
おまえらだろって
若者に限らず派遣労働法改革で非正規雇用労働者を生み出し
要らなくなったら真っ先に切られる
地に足がつかないような生活基盤つくった小泉内閣だろ
自分の食いぶち稼ぐのがやっとなのにクルマなんて買って
維持できるかよって。

走行距離に応じて課税って
東京基準にして考えてんの?
東京基準じゃちょっとそこの(歩いて1分)コンビニいってくるわの感覚が
田舎じゃちょっとそこのコンビニ(車で10分)行くわの感覚だからな

山間部の田舎じゃクルマ無いと就職できない通勤できない
生活もままならなくなるんだよな。
あーあどっかの国みたいに政府に歯向かってクーデター
起こすみたいに 日本でも誰かクーデター
起こしてくれねーかな。

おっさんの愚痴でした。

スポンサードリンク

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ